ドレスクリーニングブログ

クリーニングをしないまま保管していたウエディングドレスのコード刺繍周りのしみ抜き

2017-07-17

大阪府のお客様より、挙式利用後にそのまま保管していたウエディングドレスの脇部分が汗などによって部分的に黄変してしまっているものをドレスクリーニングで改善出来ませんかというご相談を頂きました。

 

汗などが残ったままにしておきますと状況によっては一カ月もしないうちに除去が難しい変色を起こしてしまう事があります。

 

汗の成分を丁寧に除去していくには一般的なドライクリーニングだけでは時間が経過していくと変色が起きてしまう可能性があります。ウエディングドレスクリーニングを対応するチェーン店もありますが、価格が安かったり納期が早いという事は必要な処理が省略されている場合が多いと思います。価格の安いお店に一般衣料を衣替えでクリーニングに出すと半年後に脇の周りなどが薄黄色く汗ジミが浮き出てしまっている事はありませんか?

 

こうした事が極力起きない様に、ジョイフルでは特に時間の経過によってシミが浮き出るリスクがありそうな場所にはプラスアルファの工程を加えながらクリーニングを行っています。

 

今回お預かりしたウエディングドレスはスパンコール部分も変色していましたので数か月以上はそのまま保管していた可能性があります。(スパンコールについてはシミによる変色ではなく経年劣化によるスパンコール材質の劣化だと思われます。こうしたスパンコールの劣化変色はクリーニングでは元に戻らないものですのでご了承下さい。)

 

脇周りのレース部分の各所が変色していましたのでいくつかの工程を行いながら、最後に変色部分をピンポイントで漂白していく方法で改善を図りました。

 

ウエディングドレスは季節に関係なくクリーニングは早めに出される事をお勧めします。

しみ抜き前の状態です。各所が汗などの成分により変色を起こしています。 通常クリーニング後に汗処理工程をます施し、そこからピンポイントで部分漂白をしながら改善していきました。改善率は80%位でしょうか?ここから先は繰り返しても変色の改善が見られなかった為、生地への負担も考慮してここまでの仕上げとさせて頂きました。早めのクリーニングによって改善率は変わりますので参考にして下さい。


よくある質問
  • ・ドレスクリーニングに関する質問
  • ・料金に関する質問
  • ・ドレスの種類に関する質問
  • ・依頼可能な範囲に関する質問
詳しく見る
受付の流れ
運営者情報-ジョイフル-
  • クリーニングジョイフル
  • 〒486-0917
  • 愛知県春日井市美濃町3丁目104番地4
  • アクセスマップ
  • TEL:0568-33-9880
company_foot